2006
04/29

MSU Cartoonizer は、実写の映像を絵画調や鉛筆画調に変換する VirtualDub プラグインです。v2.0 から AviSynth に対するサポートが追加された(LoadVirtualDubPlugin 経由で利用可能)ということで、さっそく試してみました。

実写のサンプルがなかったので、OpenSpace のフリー映像素材(DVサイズ (720x480) )を、映像ソースとして使わせていただきました。また、QuickTime ファイルの入力には、QTInput フィルタ(QTSource プラグインに収録)を使用しました。

とりあえず、使用したスクリプト(関連部分のみ)と VirtualDubMod でのプレビュー画像のみ紹介しておきます。

ソース

20090315004742p:image:w360

使用例1: 絵画調

スクリプト

# QTSource プラグインの読み込み
LoadPlugin("C:\avs\plugins\QTSource.dll")
# LoadVirtualDubPlugin で MSU_Cartoonizer.vdf を読み込む
LoadVirtualDubPlugin("C:\vdub\plugins\MSU_Cartoonizer.vdf", "MSU_Cartoonizer", 0)
# mov ファイルを開く by QTSource
QTInput("D:\Source\video\sample.mov")
#
# その他のフィルタ
#
# RGB32 に変換
ConvertToRGB32() # VirtualDub プラグインは RGB32 のみ対応
# MSU_Cartoonizer
MSU_Cartoonizer(0, 5, 5, 5, 5, 1, 40, 1, 1, 1) # 第 1 引数 = 0 で Painting モード
#
# その他のフィルタ
#

サンプル画像

20090315004743p:image:w360

使用例2: 鉛筆画調

スクリプト

# QTSource プラグインの読み込み
LoadPlugin("C:\avs\plugins\QTSource.dll")
# LoadVirtualDubPlugin で MSU_Cartoonizer.vdf を読み込む
LoadVirtualDubPlugin("C:\vdub\plugins\MSU_Cartoonizer.vdf", "MSU_Cartoonizer", 0)
# mov ファイルを開く by QTSource
QTInput("D:\Source\video\sample.mov")
#
# その他のフィルタ
#
# RGB32 に変換
ConvertToRGB32() # VirtualDub プラグインは RGB32 のみ対応
# MSU_Cartoonizer
MSU_Cartoonizer(1, 1, 10, 5, 1, 1, 1, 0, 0, 0) # 第 1 引数 = 1 で Drawing モード
#
# その他のフィルタ
#

サンプル画像

20090315005014p:image:w360

RELATED POSTS

にーやん(niiyan)の雑記ブログです。

デザイン、プログラミング、動画など、興味のあることを書いてます。